採用情報

就活中の方へ

当社は1989年創業以来「公共性の高いシステムの開発を通して社会へ貢献する」を経営方針とし、「官公庁」「銀行」(メガバンク)「運輸」(公共交通機関)のお客様のシステム開発を行い、着実に業績を伸ばしてきました。

当社の特徴はプロジェクト毎に当社のチームとして常駐し、設計~プログラム作成~テストと一連の工程で参画させて頂いております。若く、経験不足の人でも先輩社員がすぐそばにいて指導をしてくれますので安心して携わることが出来ます。
結果、経験不足の人はテスト工程から入りスキルアップするに従って上流工程へ進んでおります。また問題発生時にはチームで対策を練り、解決しますので一人で悩む事はありません。

善は急げです。是非ご検討を頂きたいと考えております。
皆様方のご連絡とご来社をお待ちしております。

代表取締役 中村栄一

募集要項

新卒者募集

 
応募資格 2020年3月卒業見込みの学生
募集職種 システムエンジニア
プログラマー
初任給
(東京基準)
月額
大学卒208,000円
高専卒193,000円
専門校卒187,000円
昇 給 年1回
賞 与 年2回
勤務時間 9:00~17:30(常駐先に準じます)
応募書類 履歴書、成績証明書、卒業見込証明書
選考方法 書類審査、適性検査、面接
応募方法 メール(honsya@ki-system.jp)、または電話(03-5378-6463)
本社管理部宛

キャリア募集 本社・沖縄共に随時募集中

 
募集職種 システムエンジニア
プログラマー
希望年齢 20歳~45歳
歓迎スキル Java,COBOL,C,C#,VB.Net,Linux開発経験者
給 与
(東京基準)
月額 (面談により決定させて頂きます。)
プログラマー250,000円~280,000円
システムエンジニア280,000円~350,000円
プロジェクトリーダー350,000円~450,000円
プロジェクトマネージャー450,000円~
昇 給 年1回
賞 与 年2回
勤務時間 9:00~17:30(常駐先に準じます)
応募書類 履歴書、職務経歴書
選考方法 書類審査、面接
応募方法 メール(honsya@ki-system.jp)、または電話(03-5378-6463)
本社管理部宛

福利厚生

 
福利厚生 健康保険、厚生年金、企業年金基金、雇用保険、労災保険、財形貯蓄、育児・介護休職制度
諸手当 交通費、役付手当、家族手当、住宅手当
休日 完全週休2日制、国民の祝日、年末年始、勤続年数に応じ有給休暇(年間最大40日)

社員の声

T.K(男性)

システムエンジニアは大変で辛い職業であるといった印象があります。確かに辛いこともありますがその分沢山の喜びや達成感を感じることが出来る職業であると私は思っています。

システム開発がスムーズに進まず、失敗することも多々ありますが、そういう時だ からこそ、チームが一丸となり、問題に立ち向かうことで大規模なプロジェクトを幾度と なく乗り越えてきました。

当社が携わるシステム開発は、一般の市民や国民の生活に直結 したものが多く、システムが無事に稼動した時は、少しでも社会に貢献が出来たというや りがいと、チームでやり遂げた達成感を強く感じます。

私は今の会社に入社して、多くの プロジェクトを経験してきましたが、人からの感謝や信頼の気持ちを感じた時は格別なもので、人は目標や希望(夢)がある限り前に進むことができるのだと学びました。

キャリ アアップを図るため、システムエンジニアとしての技術力向上やシステム開発の経験を重て行くことも大切ですが、沢山の人と触れ合い、相手への思いやりや仲間の大切さなど を知り、人間として少し成長できたのも今の会社に入社できたからであると思います。

当社は大規模ではありませんが、風通しの良い雰囲気、仲間を大切にする社風などにも満足 し、勤務することができてます。

K.N(男性)

入社後、東京にて約3年間経験を積み2001年から沖縄開発センターで勤務しています 。入社当時は、それまでITを専門的に学んでいたわけではなかったのでわからないこと が多かったのですが、先輩方や上司の適格なアドバイスやノウハウを教り専門的な知識( Knowledge)をより多く学ぶことが出来ました。

当社の理念である「公共性の高 いシステムの開発を通して社会へ貢献する」にあるように会社の規模は小さいながらも官 公庁及び民間大企業の大規模プロジェクトの案件に携わることができることは当社ならで はの魅力だと思います。また、そのような案件をお客様の求めるサービス/品質をしっか り理解し統合/完成(Integration)へとシステム(System)を構築で きた時は、少しでも社会へ貢献できたのかなと「お客様に喜ばれるやりがい」を実感する ことができます。

キャリアアップはもちろんのことですが人間的にもより成長したと実感 できるのも入社して様々な経験をさせてもらったからこそだと感じてます。 「相手のためにベストを尽くす誠意」を心がけ、今後もより一層、経験や知識を吸収し沖 縄での開発を活性化する存在として力を発揮したいと考えます。

K.I(女性)

私は現在、公共機関で使用するシステムの開発に携わっています。

入社したての頃は、なにをするにもはじめての体験ばかりで、不安に思うことも多々ありましたが、周りの先輩 方や上司に支えられながら、経験を重ねるに従い仕事の面白みを感じられるようになりま した。

この仕事は、プログラミングの技術・知識だけでなく、担当する業種の知識を深め る必要があり、公共機関という大規模かつ、ある意味専門分野に特化しているシステムで あるため、仕組みから用語まで勉強することが多く、苦労する部分もありましたが、日常 生活では知る機会が少ない業務内容を知ることができ、そういった部分も魅力のひとつだ と感じています。

また、普段の生活の中で、自分が携わったシステムの話題を耳にすると 、社会の一旦を担えていることが実感でき、やりがいを感じると共に自分の携わっている 仕事の重要性を感じています。

仕事を行う上でやりがいはすぐに持てるものではないと思 いますが、少しずつ成長していく中で、ほんの少しの自信がやりがいに繋がり、仕事を任 せられる人材に成長していけると思います。そして、その成長するための努力は自身はも ちろん、周りの方々も様々な方法でサポートしてくれる職場だと感じています。

読み込み中